浦添市民球場・概要(東京ヤクルト)


プロ野球キャンプ地ガイド 東京ヤクルトスワローズのキャンプ地である「浦添市民球場」の概要とアクセス方法をまとめます。


チーム名
 東京ヤクルトスワローズ

キャンプ地
 浦添(うらそえ)市民球場

※ キャンプスケジュール詳細は 球団公式ページ を確認ください

<追記>2017年1月時点で見直しをかけました。

球場概要
浦添市民球場は沖縄県浦添市仲間にあります。野球場は浦添運動公園内にあって野球場の他には陸上競技場、体育館、屋内競技場、温水プールなどがあります。
野球場スタンドへの入口と屋内練習場やピッチング練習場はすぐ近くなので、これらはほとんど移動することなく見学することができます。また、ここのピッチング練習場はオープンなので、投手の表情や投げた球道などをよく見ることができます。
なお、球場は高台の中腹にあるので、球場周辺は坂道や階段が多いので移動はちょっと大変です。

球場データ (ウィキペディアより)
◇ 両翼:98m、センター:122m
◇ 内野:クレー舗装(黒土)、外野:天然芝
◇ 収容人数:14,499人
◇ 照明設備:なし(将来的には設置の予定)
◇ スコアボード:パネル式

写真で見る球場

◇球場全景(バックネット裏後方から)
image

◇バックネット裏からセンター方向
image

◇ピッチング練習場
image

◇レフト後方の高台から球場方向
image


球場周辺とバス停マップ




◇ 球場の出入口など
image

球場周辺のバス停について

浦添市民球場周辺のバス停としては
(1)仲間入口
(2)浅野浦
の2箇所があります。

「浦添市民球場」 の最寄バス停 一覧
バス停名所要
時間
バス停
から
路線
系統番号
本数
/時間
備考
仲間入口 45分 3分 55 1~2本 浦添市街を通るのでやや時間がかかる
浅野浦 26分 7分 21,88,90,
98,112
5~6 国道330号線沿い。
経由はいくつかあるが、どれに乗ってもほぼ同じ時間
※「所要時間」は 那覇BTから そのバス停までの 平日・日中時間帯のおよそのバス所要時間です。
※「バス停から」は、そのバス停を降りてから 球場までの およその徒歩時間 です。
※「本数」はそのバス停を通る 那覇市街からのバスのおよその1時間当たり運転本数です。

「仲間入口」はバックネット裏後方の高台にあり球場から近いですが1系統のみで本数はやや少なく、また那覇方面からのバスは浦添市街を抜けるので時間がかかります。

一方、「浅野浦」は球場からやや距離がありますが複数系統あるので本数が多く、バイパス(国道330号)経由なので早く着きます。
バスの行先盤などに「バイパス」や「バイパス経由」と書かれたバスがここを通ります。


バス停から球場までの道のり案内


(1) 「仲間入口」からの場合

バス停はバックネット裏後方の高台にあります。

image
那覇方面からのバス停です。バスが来た方向に少し戻ります。

image
60mくらい戻ると右側に下りる階段があります。
ここを下りるのが一番の近道です。

image
階段を下りずにさらに30mくらい進むと、球場全体が見渡せて眺めのよい場所があります。
ここからは浦添市街地がよく見えます。
ここからも階段で球場方向に降りられるようになっています。

image
階段を下りていくと、右にピッチング練習場が見えます。その先には屋内練習場があります。
左側が球場です。


(2) 「浅野浦」からの場合

国道330号線にあるバス停です。

image
那覇方面からのバス停です。道路を挟んだ反対側に球場があります。

image
バス停横の階段を下りると国道の下をくぐって反対側に出られるようになっています。
右上がバス停です。

image
反対側に出ると正面に陸上競技場があるので、競技場に沿って左方向に進みます。

image
陸上トラックを右に見ながら進んでいくとロータリーがある公園広場に出ます。
ここから左の方向に野球場があります。

image
左方向に進むと球場のセンタースコアボードの後方に出ます。
自動販売機の前を左方向に進むと球場スタンド入口、ピッチング練習場などがあります。